“美容鍼”とは、健康で美しい身体作りのために鍼を用いて行う方法で、2005年ほど前から急激に
 関心が高まっている分野です。

 これまで、鍼灸は「健康増進及び病を治すための伝統的な方法(医療行為)」であり、
 美容はエステサロンなどで行うものという考えが浸透し、美容を目的として鍼灸を行うことは
 ほとんどありませんでした。

 しかし、「健康美」という言葉があるように、「美」は心身の健康を基礎として成立するもので、
 身体の気血の流れが滞ると顔色も悪くなり、くすみや皺(しわ)、たるみ、にきび、吹出物も増え、
 艶(つや)や潤いのある美しい肌は望めません。

 昔から、「皮膚は内臓の鏡」と言いますが、まさに内臓(五臓六腑)の歪み が皮膚に現れて
 いるのです。

 そこで、注目されるべき医療となってきたのが、「体の中から美しくなる」
 (inner beautyインナー・ビューティー)という“美容鍼”の存在です。 

 内面からにじみ出る“美しさ”は、お化粧や美容整形で“美人”になった誤魔化しとは
 別の次元です。

 健康で美しくなるための分野に鍼灸が発展を遂げることを望んでいます。


 また、美容鍼灸は、鍼灸の技術を美容目的として用いるものです。

 中国で生まれた鍼灸、その目的はこれまで「治療法」や「養生法」がメインで、美容目的ではほとんど
 使用されてきませんでした。

 しかし、健康な心身は美しさと表裏一体の関係にあり、人は健康なとき、外見的な美しさも
保つことができます。この考えのもとに、鍼灸の技術をそれまでの治療・養生といった
目的からさらに広げ、健康を基礎として輝く美しさを引き出すために用いるようになったのが美容鍼灸です。

 美容鍼灸とは「鍼灸の理論と手法を用いて、心身の健康を維持、増進、回復し、
 健康にもとづく健美を追求すること」なのです。

 美容鍼灸は、必ず、国家資格を取得した身体と健康のスペシャリストである鍼灸師によって行われます。

 また、美容を目的とした顔面部への施術では、非常に細くて短い使い捨ての針が使用されるため、
 痛みへの心配も少なく、利用者は安心して施術が受けられます。

 さらに、美容鍼灸は化学薬物などを使用しない自然な手法であり、
 副作用と過誤が極めて少ないのも特徴です。


美容鍼の効果

 ひとつには顔に多く存在する美容のツボ(経穴)を美容鍼で刺激することにより顔の筋肉(表情筋)
 に直接アプローチすることで、しわの原因のひとつである硬くなった筋肉をやわらげたり、
 低下した筋肉を向上させたるみを解消することが出来る。(リフトアップ)


 また、皮膚にも直接働きかけるため、コラーゲンやエラスチンなどの分泌を促進したり、
 血流やリンパの循環をよくしてお肌に十分な水分や栄養を行き渡らせ皮膚にたまった老廃物を
 運び去るので肌の生まれ代わりであるターンオーバーが円滑に行われるようになります。


 これらの効果によって、色々な肌トラブルが改善されるのです。


 上記にも書きましたが、東洋医学では顔(皮膚は内臓の鏡)と言われ)顔色や皮膚の変化は
 内臓の働きや全身の健康状態を反映することが知られており、これらを観察することで
 内臓や全身の状態を診断するひとつとしています。


 これは逆に言えば、全身に針治療を行うことにより気の流れを正常にし、
 自律神経の活動をコントロールして内臓の働き・ホルモン分泌を整え便秘・冷え性など
 バランスを崩した心身を健康な状態に戻すことで身体の内部から健康的な顔色・美しい肌
 にすることが出来るということなのです。


  ★ お客様のご不安になられている痛みについて。

 極細の鍼を使用するため、ほとんど無痛ですので、ご安心ください。
 また、使用する鍼は使い捨てのため、清潔で安心です。

 美容鍼灸は”健康を基礎として輝く美しさを引き出すため”に用いるようになった
 ものです。
 身体や顔に鍼を刺すことによって全身の気の流れを整えます。

 そして、血行を良くし、肌や筋肉を活性化させます。
 美肌・リフトアップなどのアンチエイジング効果をもたらします。
 ハリウッドスターたちの間で、シワ改善、リフトアップに効果的な美容法として
 取り入れられるだけでなく、健康の維持、増進にも効果があるとして注目されています。


 一方で、「痛み」や「出血」、「副作用」に不安を抱く方も少なくありません。
 しかし、鍼の製造技術の進歩などによって、これらの不安材料はいずれも
 おおよそ解消され、過去のものとなっておりますのでご安心ください。

まれに出血されることがありますが、お血というもので、滞っている血ですので
 出してしまえば、より綺麗なお肌に近づきます。





Copyright(C) 2010-2017 Kousei34 All rights reserved




inserted by FC2 system